通信制高校サポート校のしくみ

通信制高校サポート校のしくみ のようなものを図にしてみました。 鈴木が作成したので分かりにくい かと思いますがお許し下さい^^

 

サポート校のしく
 
 
 まず初めに、通信制高校サポート校というのは、通信制高校の高校卒業資格を取得するために、そのサポートを全面的に行っていく教育機関です。サポート校のサポートを受けながら通信制の高校の卒業資格を取得したい場合は、上の図にも書きましたが、初めに通信制高校とサポート校の両方に同時に入学します。
 
 
 

通信制高校を卒業して 卒業資格を取得するためには以下の2つの項目が必要になります。

その高校で定めている卒業に必要な 単位数を3年間で取得しなければなりません。 もう1つは 3年間は高校に在籍していなければなりません。

この2つをクリアできると高校卒業の資格が取得できます。通信制高校の単位を取得するためには、大きく分けて 1.レポートの作成 2.前期と後期のテスト 3.スクーリング   があります。

 

 

サポート校は何をするところなのか? と言いますと、上記の レポートの作成、前期・後期テスト、スクーリングでの単位を取得しいく過程を全てサポート して手助けをしていきます。前記の卒業に必要な単位数を取得出来て 3年間、高校に在籍出来ると 高校卒業資格が取得出来て 卒業出来ることになります。    

 

また、高校に3年年間在籍していなければならないのですが、転校の場合も、通信制高校に3年間、在籍してなければならないのか?と申しますと、そうではなく、転校する前の高校の在籍期間と取得単位数は継続することができるので、前籍校と通信制高校の合計で3年間の在籍ということになります

 

  不明点などありましたら 湘南国際学院のホームページからでも ページ内の「お問合わせ」の どちらでも構いませんので 気軽にお問い合わせ下さい。

 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください